学資保険での教育資金の積み立ては合理的

学費 学資保険の加入を考えるにあたって、そもそも学資保険の必要性を考える人もいるかもしれません。
 結論からいいますと、学資保険で教育資金の積み立てをすることは理にかなっていると思われます。

 学資保険は、単純に考えると、定期預金などの貯蓄と同じものです。
おろすことができる期間が決まっていること、そして、契約者に万が一の場合があった場合には、以後の保険料の支払いが免除される。つまり、かならずその保険金額が支払われるということです。

 お金の融通性を考えると、引き出しやすい方がいいに決まっています。ただ、いつでも引き出せるとなると、生活費にまわってしまい、本当に必要なときにお金がないという結果になりかねません。
 引き出せる期間が限定されるということは、必要なときに確実にお金を貯めておけるメリットがあります。

万が一の場合に保険料が全額免除される

 万が一の場合に必ずその保険金額が支払われるいわゆる保険の機能についても、確実にという点では同様です。自分が死ぬことを考えて保険をかける人はいないとは思いますが、本当に万が一の場合を考えると、子供のために少しでも学費を残してやりたいと思う気持ちは普通だと思います。

これから学費を貯める人にオススメなのが学資保険

 学資保険は、すでに預金が多くある人や自分でしっかりお金を管理して、子供の大学入学時までにお金を用意できる人には必要ないかもしれません。
 ただ、今から貯めなければいけない人に確実に教育資金が用意できるというところにメリットがあります。
 学資保険の必要性は、このようにお金が用意できるというところにあると思われます。

返戻率の高い学資保険

フコク生命
フコク生命の学資保険
返戻率 111.4%
フコク生命の学資保険も掛け金以上になる保険です。
兄弟割引制度があり、家族が多ければメリット
があります。複数同時に加入などを考えるなら、見ておきたい保険です。
ソニー生命
ソニー生命の学資保険
返戻率 109.1%
ソニー生命の学資保険は18歳払い済みなら返戻率が最も高い人気の学資保険です。
支払い方法が、半年払い、年払いなどと選べ、まとめて払えば、さらに返戻率もアップします。
アフラック
アフラックの夢みるこどもの学資保険
返戻率 105.2%
CMでもおなじみのアフラックの学資保険。高校入学時にも学資保険が出るタイプに内容が変化。
いい大学入学のためにより良い高校進学が必要な今にあったタイプとなっています。