学資保険の選び方の第一は「元本割れしない」こと

 このサイトでは、学資保険を返戻率にこだわってランキングにしています、その意味は、学資保険は子供の将来の教育資金の積み立てであるとの考えからです。

 2013年以前は、大手の生命保険会社の学資保険に元本割れするものがありました。かんぽ生命の学資保険がその代表格で、人気があるものの、元本割れするため入る意味がないのでは?とも思えました。

 ただ、2014年4月より、かんぽ生命の学資保険も元本割れしないものにリニューアルとなり、元本割れしない保険が当たり前となっています。

 元本割れしないことが当たり前であれば、次に見るのは、保険の質。
 当然、返戻率の高い学資保険の中から、子供の教育費の使い方のパターンにあったものを選ぶことが大事じなってきます。

元本割れしない返戻率の高い学資保険

ソニー生命
ソニー生命の学資保険 Ⅲ型
返戻率 114.1%
2014年1月より追加されたのがⅢ型で、18歳、19歳、20歳、21歳と4回保険金がもらえるパターンのもの。中学・高校入学時にもらえるⅠ型は105.5%、18歳時に全額もえらるタイプのⅡ型は109.1%です。
フコク生命
フコク生命の学資保険 ジャンプ型
返戻率 110.1%
2014年4月2日以降も高い利率となっています。
大学入学以前に祝い金がもらえるステップ型も108.4%と高めの返戻率。
また、兄弟割引制度があり、家族が多ければメリットがあります。
ニッセイ
ニッセイの学資保険
返戻率 107.4%
日本生命の学資保険も高い返戻率となっています。
注意しないといけないのは、保険金額によって返戻率が変化すること。受取総額が低くなると、返戻率も下がります。