ソニー生命の学資保険も返戻率が高く有利

ソニー生命  ソニー生命の学資保険は、2014年に入ってⅢ型が増えて、3つのタイプが選べるようになりました。

 Ⅰ型は、中学、高校入学時にも祝い金がもらえるタイプ。中学、高校の学費もカバーするタイプのものです。
 基準学資金が100万円の場合、12歳で30万円、15歳で30万円、18歳で100万円もえらえます。返戻率は約105.5%です。

 Ⅱ型は、大学入学時に全額もらえるタイプ。大学の入学のために備えるタイプ。
 18歳時に満額がもらえて、返戻率は約109.1%です。

 Ⅲ型は、新しく追加されたもので、大学入学およびその後の合計5回もえらるタイプ。大学の学費を賄うタイプのものです。
 基準額資金が40万円の場合、18歳40万円、19歳40万円、20歳40万円、21歳40万円、22歳40万円もらえて、返戻率が約114.1%となります。

 上記3つのタイプを見ると、返戻率の点で、Ⅲ型が有利なように思えますが、Ⅲ型のみ22歳満期となり、運用期間が長い分、返戻率が高くなっている点を見る必要があります。

 学資保険で積み立てたお金を教育費のどの部分に充てるかによって、選ぶタイプも変わります。一般的に、大学入学時にお金が一番かかるので、入学前にお金が多くもらえるⅠ型やⅡ型の方が使い勝手が良くなります。

タイプ 返戻率 払い込み期間 満期 受取イメージ
Ⅰ型 約105.5% 17年 18歳満期 12歳、15歳、18歳
Ⅱ型 約109.1% 17年 18歳満期 18歳
Ⅲ型 約114.1% 18年 22歳満期 18歳、19歳、20歳、
21歳、22歳

支払い方法、支払い期間の自由度が高い

 ソニー生命の学資保険は、オーダーメイドに近い保険で、支払い方法、支払い期間などの自由度が高いのが特徴です。

 支払い方法については、通常の月払いのほか、半年払い、年払い、一時払いが選べます。
 当然ですが、月払いよりも、半年払い、年払いなどまとめて支払いをすれば保険料が割安になり、毎年支払いをまとめれば、返戻率もあがります。

 最近の傾向としては、教育費のあまりかからない小学校あたりまでに保険金を支払ってしまう人が多いようですが、ソニー生命はこれにも対応して、短期払い、全期払いにも対応しています。

 支払い期間については、毎月の保険料が当然にあがるのでしんどい部分もあるかもしれませんが、半年払い、年払いなどについては、ボーナスをうまくやりくりするとできなくもないところ。上手に活用したいところです。

ソニー生命の学資保険の特徴と資料請求

  • しっかりと準備できる
  • ※貯蓄性の高さでより多くの教育資金を準備できる
  • 自由にプランが選べる
  • ※それぞれの家庭にあったプランがオーダーメイドできる
  • 支払期間が選べる
  • ※月払いだけでなく、半年払い、年払い、一時払いが選べる。まとめて支払えるだけあって、返戻率もアップ。
  • 万が一があっても受け取れる
  • ※契約者に万一のことがあっても学資金は確保できる
  • 保険のプロに相談できる
  • ※ライフプランナーが最適な保険づくりをアドバイス
ソニー生命の保険相談はこちらから
↓↓↓
検索